末期の子宮頸がんと診断された母の、治療と介護とお金の全てを記録します

子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ

使ってよかったもの&サービス

入院生活(抗がん剤治療)で役に立ったもの&母が喜んだもの

更新日:

 

試験開腹手術の後、そのまま入院して抗がん剤治療と放射線治療を行いました。

当初の予定では、1クール目の抗がん剤治療が終われば退院予定でしたが、想定していたよりも副作用がひどく、そのまま入院生活続行。

抗がん剤(TC療法)&放射線治療の記録。効果は?副作用は?

母の抗がん剤治療と放射線治療について、効果&副作用と共に記録します。 抗がん剤治療(TC療法)の内容 母が行った抗がん剤治療は、TC療法というものです。 パクリタキセルとカルボプラチンという二つの抗が ...

続きを見る

結局2か月間(66日)病院でお世話になることとなりました。

この記事では、2か月間の入院生活で役に立ったもの&母が喜んだもについてまとめました。

 

入院中に役立ったもの&母が喜んだもの

Kindle&Amazonプライム

入院中の暇つぶしになるかな、と思い、私が持っていたKindle Fireを母に貸しました。

私はプライム会員なので、映画を何本かダウンロードして渡しました。

Amazonプライムで映画をダウンロード

一応気をつかって、コメディや感動ものやほっこりするもの、冒険もの等をチョイスしました。

渡して数日後、「2時間近く見続けるのはしんどい」とのことで、それからは短い番組をダウンロードするようにしました。

孤独のグルメ」とか「おとな旅あるき旅」とか。

抗がん剤治療が始まってからは、動画を見られるような状況ではなかったので、あまり活躍はできませんでしたが…

開腹手術後、抗がん剤治療が始まるまでの短い時間だけですが、楽しむことはできたようです。

ダウンロードの注意点

・ダウンロード可能本数は25本

・ダウンロードした動画は30日間保存可能

・一度視聴を始めたら48時間以内に見終わらないといけない

30日の保存の期限を切れたり、48時間以内に視聴できなかったとしても、再度インターネットに繋いでダウンロードし直せばOKです。

病院にはWi-Fi環境がなかったので、近くのセブンイレブンに行き、セブンスポットを利用して動画の入れ替えを行っていました。

Amazonプライムに登録していると、何かと便利ですよ。送料無料ですし。
興味のある方はコチラからどうぞ。

プライム会員になると端末も安く購入できます。

私は、5,000円程度で買いました。

 

作務衣(病衣のかわりに)

病院で用意されている病衣(パジャマ)が、味気ないとのことで作務衣を用意しました

入院が長くなると分かったタイミングで、母から「作務衣が欲しい」と言われましたが、季節は10月です。

店頭には、作務衣なんて並んでいませんでしたので、Amazonや楽天で探して購入。

とても母に似合っていました。

作務衣姿の母

 

作務衣姿の母

母も、「色んな人に、”その作務衣素敵ね”って言われるんよ~」と喜んでいました。

裏起毛の作務衣も販売されていますが、病院内は空調が効いているので、真冬でも裏起毛のものは暑すぎると思います。

綿100%のものをお勧めします。

洗い替えのために、合計3着用意しましたが、洗濯のことを考えると3着あって正解でした。

ユニクロのダウンベスト

病院の売店や喫茶店に行くとき、家族を病院の玄関まで見送りに行くときなど、ちょっとした外出の際に、羽織るものが欲しいということで、ユニクロのダウンベストを購入しました。

作務衣がゆったりしているので、袖があるタイプだとゴワゴワしそう、とのことでベストタイプにしました。

入院中はもちろん、退院後も部屋の中で大活躍でした。

暖かいし、軽いので冬場は一枚あると便利かと思います。

 

となりのトトロのタオルハンカチ

母はジブリが好きで、中でもトトロが大好きでした。

入院中、手を拭いたり口を拭いたりするのに使ったら、少しは気分が上がるかな、と思って購入しました。

とても喜んでもらえました。入院中は、ほとんど毎日のように使ってくれていたと思います。

今思えば、ちょっとした移動用に、トトロの小さなカバンも買ってあげればよかったです。

きっと、ものすごい喜んで、たくさん使ってくれたと思います。

となりのトトロのラインスタンプ

母が入院する直前に、ガラケーからスマホに変えていたので、トトロのラインスタンプをプレゼントしました。

LINE Storeより画像お借りしました。

これも、とっても喜んで、たくさん使っていました。

家族でグループラインを作って、毎日ささいなやり取りをしていました。

他の人がこのトトロのスタンプを使っているのを見ると、母を思い出して懐かしく、そして少しだけ寂しい気持ちになります。

手作りの料理

病棟には、レンジとトースター、簡易なキッチンがありました。

週末になると、妹がルクエ(レンジで使える蒸し器)とカットした野菜や豆腐を持ち込んで、蒸し野菜を作ってくれたり、すりおろしりんごを作ったりしてくれました。

母は、病院の食事があまり口に合わなかったので、手作りの食事はとても喜んでくれました。

注意ポイント

入院中、食事制限されている方もいると思うので、食べたり飲んだりするものに関しては、医師や看護師に相談してからの方がよいと思います。

母の場合、腸閉塞に影響のあるもの(食物繊維が多いもの、脂っこいものなど)以外は、特に制限がなかったので、持ち込んでいました。

 

パウチの水

抗がん剤治療の副作用がひどいときは、体を起こすことすらままならない状態でした。

もちろん、コップを持つこともできません。

そこで役にたったのが、パウチに入ったお水です。

こういうパウチに入った水だと、横になったままでも飲みやすいですし、500mlのペットボトルより軽いため負担が小さく、とても便利でした。

抗がん剤治療の副作用からか、普段飲んでいたものがまずく感じるようになったそうで、何種類か購入し、気に入ったものを飲んでもらっていました。

 

紙コップ

抗がん剤の副作用が強く出るまでは、持参したコップを使っていたのですが、毎回洗いに行くのがしんどいこと、カップの匂いが気になることから、紙コップを使うようになりました。

ほんの少しでも気分転換になればいいな、と思い、普通の白いコップではなく、カラフルな模様が入っているものや、イラストが入っているものなど、何種類か用意しました。

来客時にも使えますしね。

100円ショップでも、たくさんの種類の紙コップが売られていました。

 

以上です。

 

これから入院生活が始まる方、家族が入院している方に、この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

-使ってよかったもの&サービス

Copyright© 子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.