この記事は約 4 分で読めます

※抗がん剤治療を行っている末期がんの方に向けての内容です。

 

抗がん剤治療を受けていると、多くの方に脱毛が起こります。

髪の毛が抜けてしまうって、とてもショックが大きいです。

 

そこで、医療用ウィッグの購入が選択肢にあがってくるかと思います。ただ、安いものではありません。人毛100%のものだと数十万円するものも!

 

また、治療を終えて時間がたてば髪の毛は元に戻るので、ウィッグは不要になります

 

「ニット帽でしのげるなら、買わなくていいのでは?」
「家族ぐらいしか会わないし、ウィッグは不要じゃない?」

 

そう考える方もいらっしゃるかと思います。

 

私個人の意見ですが、末期がん患者の方に限っていえば、ウィッグは必ず用意しておくべきだと思います。




なぜウィッグが必要なのか

 

お葬式に備えてです。

 

普段の暮らしでは、ニット帽を被れば問題ないと思いますが、お葬式にニット帽は違和感があります。

 

特に、女性の方は、髪があるかないかで、大きく印象が変わります。

 

考えたくないことですが、末期がんであるということは、死が近くにあるということです。

 

いつ亡くなってもおかしくない、いつお葬式があってもおかしくない、ということを考えると、ウィッグは用意しておくべきものだと思います。

 




母の場合、ネット通販で試着し購入

 

入院中に、ネット通販でウィッグを購入しました。

抗がん剤2クール目の治療中で、毛が抜け始めていたころでした。

 

1クール目の抗がん剤治療の際、副作用がすさまじかったので、「このまま死んでしまうかもしれない」と覚悟しました。

 

幸い、そこから回復できましたが、「いつ最悪の自体になってもよいように準備しておこう」と思いました。ウィッグの購入もその一つです。

 

私と妹で、「無料で試着可能」「通販で購入可能」なお店を探しました。

お店に行って購入するような余裕は、母にも家族にもありませんでした。

 

母は、「これから寒くなるし、ニット帽をかぶるからウィッグは必要ないよ」と言っていましたが、「友達が会いに来てくれるかもしれないし。ウィッグをかぶったら気分も変わるかもしれないよ。私と妹でプレゼントするから。」と、なかば説得するような形で、購入しました。

 

試着のときの様子がこちらです。アクアドールのウィッグです。

アクアドールのウィッグ試着

 

アクアドールのウィッグ試着

 

もちろん、試着用のウィッグも郵送で送ってもらえます。往復の送料も無料なので、試着だけなら負担は0円です。

 

妹曰く、とても楽しそうに試着していたとのこ とです。

 

一度に2つまで試着用ウィッグを送ってもらうことが可能で、どちらも私と妹で選びました。

 

これがきっと似合う!」と選んだウィッグと、「あと一つ選べるから、まぁ選んどくか」というウィッグだったのですが、母が選んだのは後者でした。

 

試着、めっちゃ大事です!

実際につけてみると、写真でみていた印象と大分違いました。

 

購入したウィッグ

 

購入したのは、「アクアドール」の「スタイリッシュショートウィッグ」です。

普段使いする頻度は低いと考え、医療用ウィッグの中でも安価なものを購入しました。

 

価格は、17,800円 (税込 19,224円)でした。

 

母のいつもの髪色は黒で、一度も染めたことがなかったのですが、少し冒険して「ショコラブラック」にしました。顔色が明るく見えて、黒よりもしっくりきました。



使用した回数、シチュエーション

 

結局、このウィッグを使用したのは、亡くなってから(お通夜とお葬式)のみです。

 

それでも、元気なうちに母に似あうウィッグを用意できていて、本当によかったと思いました。

 

試着もしていたので、色も形も母にぴったり合っていましたし、そのおかげで生前と同じような顔の印象になりました。

 

亡くなった後は、葬儀の手配や親戚への連絡など、本当に慌ただしくなります。

 

「ゆっくり、母に似あうウィッグを用意」なんて時間は有りませんでした。

 

色んなことに後悔がありますが、早めにウィッグを購入したことは、本当によかったなと思っています。

 

お手頃価格で購入できる医療用ウィッグについて、以下にまとめましたので、購入を検討されている方は、よろしければお読みください。

 

【お手頃価格&無料で試着可能】医療用ウィッグのネット通販店舗をまとめました