この記事は約 4 分で読めます

お手ごろ価格(数万円以内で購入できるもの)&無料で試着可能な、医療用ウィッグのネットショップのご紹介です。

 

母のウィッグを購入する際に、色々調べた内容をまとめています。

母が購入したウィッグについては、「末期がん患者にウィッグは必要?不要?」をご覧ください。試着したときの様子も書いています。




お手頃価格&無料で試着可能

 

アクアドール



【ホームページ】

https://aquadollwig.jp/medical

 

【価格帯】

約20,000円前後

 

【特徴】
・試着の往復の送料が無料!

・試着は、一度に2つまでできます。試着だけなら負担はゼロです。

・試着品の貸し出し期間は、到着日から2泊3日。
・ウィッグの種類は少なめですが、その分選択に迷わないというメリットもあり。
・モデルさんがかぶっている姿に違和感があり。

・実際にかぶってみると、ナチュラルで問題なし。

 

リネアウィッグ

【ホームページ】
ウィッグ・エクステ@Linea-Storia

※楽天のショップに飛びます

 

【価格帯】

約8,000~150,000円

 

【特徴】

・試着は無料。試着したものを、そのまま購入可能。

・返送料金は負担

・カラーの印象が異なれば、交換可能(未使用限定)

・一週間以内であれば、返品可能

・お手ごろ価格から、高価なウィッグまで、ラインナップが豊富

 

アバンダ

 

 

【ホームページ】

http://www.abanda.jp/

 

【価格帯】

約35,000円~80,000円

 

【特徴】

・試着は無料(一度に1台)。試着したものを、そのまま購入可能。

・試着の期間は不明

・年配の方がモデルなので、50代~の方はイメージしやすい

・人毛が40%

・ウィッグスタンドがついている

 

アンベリール

 

 

【ホームページ】

https://www.katsura-iryou.jp/

 

【価格帯】

約30,000円~90,000円

 

【特徴】

・試着の往復の送料が無料!

・試着は、一度に2つまでできます。試着だけなら負担はゼロです。

・各スタイルに、3種類の価格帯が存在(28,500円、47,840円、81,900円)

・年配の方向けのウィッグが豊富。

・2台同時に買うと最大半額!普段使いの方には嬉しいかも。

・レンタルも可能(初期費用14,800円 + 一日当たり150円)




母のウィッグは、アクアドールで購入

 

私たちは、母のために「アクアドール」のウィッグを購入しました。

 

ポイントは、以下3点です。

 

  • 価格がお手頃なこと
  • 往復の送料が無料で試着できること
  • 種類が比較的少なく、決めやすかったこと

 

他の3つのお店もいい感じだったのですが、時間がなかったこともあり、選択肢が少ない「アクアドール」で決めました。

 

詳細は、「末期がん患者にウィッグは必要?不要?」をご覧ください。

 

※番外編 普段使いで長く使うには、高くても高品質なものを

末期がんと一口にいっても、状態は様々です。

 

母のように告知から半年も経たずに亡くなるパターンもあれば、治療が奏功して年単位で普通の日常生活を送れる方もおられます。

 

使用頻度が高い場合、直接肌に触れるものなので、高品質なものを身に着けることをおすすめします。

 

「もしも、母が数年生きられたら。どんなウィッグを買ってあげたかな?」という視点で選んだ、いくつかの医療用ウィッグのメーカーを紹介します。

 

アンクス

 

 

【ホームページ】

http://www.julliaolger.jp/ancs/index.html

 

【価格帯】

約35,000円~300,000円

※10万円以下の商品は少なめです。

 

【特徴】

・アートネイチャーがプロデュース

セミオーダーが可能

1年間の無料メンテナンス(毎月1回無料で、セット・スタイル変更・トリートメント・縮れ(静電気)直しが利用できる)
病院や自宅へ訪問可能(無料)

 

スヴェンソン

 

 

【ホームページ】

https://ladys.svenson.co.jp/

 

【価格帯】

約100,000円~300,000円

 

【特徴】

セミオーダーが可能

脱毛前の地毛カット(無料)

地毛が回復するまでのアフターフォローあり

自宅・病院へ訪問可能

 

 

どちらのサービスも、自分に合わせてスタイルを整えてもらえるので、ぴったりのウィッグが手に入れられそうです。
病院や、自宅へ訪問してもらえるのもポイントが高いですね。抗がん剤治療中は体力が落ちるので、出かけるのも大変ですから。

 

がん相談支援センターでも情報収集が可能です

 

私は、がん相談支援センターを利用しましたが、ウィッグ関連のパンフレットが多数おいてありました。

 

医療用ウィッグについて何も知らない状態から、情報を調べるときには、このパンフレットが大変役立ちました。

 

 

迷ったり、悩んだりする場合は、一度「がん相談支援センター」に足を運んで、相談してみることもおすすめです。

 

 

この記事が、医療用ウィッグを選ぶ際の参考になれば、幸いです。