末期の子宮頸がんと診断された母の、治療と介護とお金の全てを記録します

子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ

終末期・緩和ケア

緩和ケア病棟・ホスピスの探し方と選び方

投稿日:

この記事では、緩和ケア病棟(ホスピス)の探し方と選び方についてお伝えします。

末期の子宮頸がんだった母は、最期の2週間を六甲病院の緩和ケア病棟で過ごしました。

約2か月間の入院費用はいくら?(試験開腹手術と抗がん剤治療)

今回の記事では、一回目の入院の費用についてご紹介します。 病院へ支払った金額のみ、です。 この入院では、主に試験開腹手術および抗がん剤治療を行いました。 その他にも、放射線治療、歯科治療、リハビリなど ...

続きを見る

このときの体験も含めて、お伝えできればと思います。

緩和ケア病棟・ホスピスの探し方

探し方は大きく3つあります。

「自分で探す」、「がん相談支援センターへ相談する」、「病院へ相談する」

私達は、結果的に3つ全てをつかって、緩和ケア病棟を探しました。

自分で探す

自分で探す場合は、以下のホームページが役立ちます。

がん情報サービス(緩和ケア病棟のある病院を探す)

このように、病院名や地域から探すことができます。

私たちは、まず上記ホームページを利用し、自分達で探しました。

いくつかピックアップしたものの、それからどう動けばいいか分からなかったので、がん相談支援センターへ相談しました。

がん相談支援センターへ相談する

自分達で探すことに不安がある場合は、「がん相談支援センター」へ相談することもできます。

「医師へ相談したいけれど忙しくてなかなか会えない」という場合にも、おすすめです。

私は、母のがんが発覚後すぐに、一度「相談支援センター」を訪れたことがあります。このときも親身に相談に乗っていただき、大変ありがたかったです。

「がん相談支援センター」へ相談に行きました(1回目)

母の手術の翌日、院内に併設されている「がん相談支援センター」へ相談に行った時の話を書きます。 私は、たまたま院内のポスターを見て、西神戸医療センターに設置されていることを知りました。 「がん相談支援セ ...

続きを見る

今回は2度目の相談ということになります。

相談した内容

母と今後について話し合ったところ、「病状が悪くなったら緩和ケア病棟へ入院したい」、ということになりました。

今から準備しようと思い、いくつかピックアップしたけれど、これからどう動けばいいですか?

母は今この病院へ入院中で、抗がん剤治療を行っています。ステージは4bです。

相談員さんからは、以下の回答とアドバイスを受けました。

相談員さんから

まず、緩和ケア病棟への入院の条件として以下を満たしている必要があります。

  1. 余命3ヶ月
  2. 抗がん剤治療などの積極的治療を行っていないこと
  3. 病名・病状について本人と家族が理解していること

入院したい場合、事前に面談を受ける必要があります。人気の病院では、面談だけでも数ヶ月待ち、というところもあります。

うちの病院から、希望の緩和ケア病棟へ直接やり取りして、面談の調整を行います。

後で、地域医療課の担当者に病室へ説明へ行くようにしましょうか?

自分で緩和ケア病棟へ申し込みをするものだとばかり思っていたので、病院同士でやり取りをしてくれると聞いて目から鱗でした。

もちろん、地域医療課の方に来ていただくようにお願いしました。

病院へ相談する

私達は、自分で探す→がん相談支援センターへ→病院とコンタクト、という形をとりました。

ですが、まずは担当の医師なり看護師に相談すれば話が早かったな、と思います。プロですからね。

がん相談支援センターから地域連携課に連絡をとってくれ、担当の看護師さんがすぐに病室へ来てくれました。

その際、ホームページには掲載されていない病院も紹介されたので、緩和ケア病棟・ホスピスを探す方は、一度病院へ相談するとよいと思います。

緩和ケア病棟・ホスピスの選び方

最後に、緩和ケア病棟・ホスピスの選び方について、です。

ポイントは「家族が行きやすいところ」です。

主治医に相談したところ、選ぶポイントはこれだけだ、と説明されました。

理由は以下です。

  • 終末期は、患者はベッドにいることが多くなるので場所はどこでもあまり関係ない。見える景色が大きく変わらないから。設備も同じく。
  • 家族が沢山顔を見せることができるよう、自宅に近いか職場に近い病院を選ぶといい。遠いと家族にも負担がかかるから。

最初は、「母が気に入る雰囲気の病院がいいのかなぁ」なんて、ぼんやり考えていました。

ですが医師の説明を聞き、わたしたちが母に会いに行きやすい病院を選ぼう!という風に考えが変わりました。

 

緩和ケア病棟・ホスピスへの入院を考えている方の参考になれば嬉しいです。

読んでくださり、ありがとうございました。

 

-終末期・緩和ケア

Copyright© 子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.