末期の子宮頸がんと診断された母の、治療と介護とお金の全てを記録します

子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ

お金・費用

約2か月間の入院費用はいくら?(試験開腹手術と抗がん剤治療)

投稿日:

今回の記事では、一回目の入院の費用についてご紹介します。

病院へ支払った金額のみ、です。

この入院では、主に試験開腹手術および抗がん剤治療を行いました。

その他にも、放射線治療、歯科治療、リハビリなどを行っていました。

腸閉塞予防に、ステントを留置したのもこの入院中です。

腸閉塞(イレウス)対策にステント留置。便秘が劇的に改善。

腹膜にある多数のがん、あとは手術の後遺症もあると思いますが、母は腸閉塞(イレウス)を起こしかけていました。 腸閉塞(イレウスとは) 医師から聞いた内容をもとに、簡単に説明します。 腸閉塞(イレウス)と ...

続きを見る

基本情報

入院の基本情報は以下の通りです。

  • 全期間通じて、差額ベッド代がかからない大部屋へ入院
  • 入院した月(2017年9月)から限度額適用認定証利用
  • 限度額は、区分エの57,600円
  • 入院期間は2017年9月中旬から11月中旬の約2か月間。

当初は1か月程度の入院予定でしたが、抗がん剤の副作用が強く出たため2か月間の入院となりました。

抗がん剤(TC療法)&放射線治療の記録。効果は?副作用は?

母の抗がん剤治療と放射線治療について、効果&副作用と共に記録します。 抗がん剤治療(TC療法)の内容 母が行った抗がん剤治療は、TC療法というものです。 パクリタキセルとカルボプラチンという二つの抗が ...

続きを見る

入院費用

病院へは、月ごとに支払いを行います。

ですので、2ヶ月間の入院といっても、9月、10月、11月の3か月分の支払いを行いました。

限度額適用認定証の適用は、健康保険が効く範囲内となります。

つまり、食事代や差額ベッド代は実費負担となります。

2017年9月

保険適用内:57,600円(限度額)

食事負担金:13,800円

その他実費:350円

合計:71,750円

2017年10月

保険適用内:57,600円(限度額)

食事負担金:27,000円

その他実費:1,004円

合計:85,604円

2017年11月

保険適用内:57,600円(限度額)

食事負担金:20,880円

その他実費:745円

合計:79,225円

入院合計(66日)

236,579円

限度額適用認定証を利用しても、なかなかの金額です。

もちろん、これ以外にも細々とした出費はたくさんあります。

お見舞いに行くための交通費や、母への差し入れ、テレビカードなどなど。

この金額は、純粋に病院に支払ったもののみです。

保険金でまかなえた

母はがん保険と兵庫県民共済に入っており、そちらから入院給付金がおりました。

そのため、貯金を切り崩すことなく費用を支払うことができて、大変助かりました。

約2ヶ月の入院で支払われた保険金は?総額と内訳を公開します。

  試験開腹手術と抗がん剤治療で、母は約2ヶ月(66日間)入院しました。 この入院で支給された保険金について書きます。 母は、以下2つの保険に加入していました。 母が加入していた保険 アフラ ...

続きを見る

急な入院で限度額適用認定証の発行が間に合わない場合でも、後日還付手続きを行うことができるので、安心してください。

以上です。この記事が、どなたかのお役に立てれば幸いです。

-お金・費用

Copyright© 子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.