末期の子宮頸がんと診断された母の、治療と介護とお金の全てを記録します

子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ

やっておいてよかったこと

エンディングノートの作成<今後について母と話をしたときの話>

更新日:

抗がん剤治療(1クール目)後の体調不良が落ち着いたタイミングで、母と今後について話をしました。

いわゆるエンディングノートを作成するためです。

本当は、抗がん剤治療が始まる前、体力があるときに話すべきだったと思います。

がん相談支援センターでも、なるべく早く話し合った方がよいとアドバイスを受けていました。

「がん相談支援センター」へ相談に行きました(1回目)

母の手術の翌日、院内に併設されている「がん相談支援センター」へ相談に行った時の話を書きます。 私は、たまたま院内のポスターを見て、西神戸医療センターに設置されていることを知りました。 「がん相談支援セ ...

続きを見る

ただ、病状が進んだ場合のことや、お母さんが亡くなった後のことを話し合うのは、どうしても気が進まず…

そんなことは考えたくなかったですし、治療がうまくいって、細く長く日常生活を送れるかも、という淡い期待も抱いていました。

しかし、1クール目の抗がん剤治療中、どんどん体調が悪くなり、体重が減り、目を開けることすらしんどくなっている様子を聞き、「このまま死んでしまうのでは」と、心配で心配で仕方ありませんでした。

抗がん剤(TC療法)&放射線治療の記録。効果は?副作用は?

母の抗がん剤治療と放射線治療について、効果&副作用と共に記録します。 抗がん剤治療(TC療法)の内容 母が行った抗がん剤治療は、TC療法というものです。 パクリタキセルとカルボプラチンという二つの抗が ...

続きを見る

なんとか持ちこたえることができたので、「次に会うときに、必ず話をしよう」と心に決めました。

 

なぜ遠方に住んでいる”私”が話すことになったのか

本題に入る前に、なぜ遠くに住んでいる私が話をすることになったか、について。

家族構成は、以下の通りです。

ポイント

  • 父と母が同居(神戸市)
  • 妹が一人暮らし(西宮市)
  • 私が遠方在住(東京、夫と子あり)

近くに住んでいて、ほぼ毎日会いに行っている父か妹が話をすればよかったのでは、とも思いますが…

父は、「母の病気を受け入れられない」「体調が悪くなっていくこと、死ぬことのことなんて考えられない」といった状況でした。これからのことについて、冷静に母と話せる状態ではありませんでした。

妹は、頼めば話をしてくれたかもしれません。

ただ、妹が母に会いに行くときは、だいたい父が同席していたので、その中で話を切り出すことは難しかったと思います。

また、小さいころからの名残で、妹のことを少し頼りなく感じていました。実際は、とてもしっかりしているんですけども。

姉である私がしっかりしなくては!」という思いがあり、私が話をすることにしました。

 

事前に準備したこと

漏れがないように、確認したいことをノートにリストアップしました。

エンディングノートについて、まとめられているサイトに目を通し、私たちに必要な内容をピックアップしました。

私が考えた内容について、妹にも意見を出してもらい、リストを完成させました。

また、当日突然話をすると驚くかもしれないと思い、母にも事前に話をしたいと伝えておきました。

エンディングノート作成のため参考にしたサイトのご紹介

エンディングノートの書き方を見本付きでご紹介(遺品整理ドットコム)

エンディングノート(厚木市役所)

あんしんノート(越谷市社会福祉協議会)

また、コクヨからエンディングノートも発売されています。

患者さん自身で記入できる元気があれば、このノートを渡すのが手っ取り早いかもしれません。

 

母に聞いたこと・聞く際に注意したこと

仕事を休んで、平日に病室に行った際に話をしました。

10月の終わり頃だったかと思います。

まだまだ先のことになると思うけど、もしかしたら急変するかもしれないし、準備しといたら私たちが安心だから、これからのことについて話をさせてね。」と、話を切り出しました。

確認した内容は以下の通りです。病み上がりということもあり、必要最低限の内容にしました。

母に聞いた内容

  • 病状が悪化したとき、どこで過ごしたい?
  • 延命治療はしたい?
  • お母さん名義で契約しているサービスはあるか。
  • お金の管理はどうなっている?
  • 入っている保険は?
  • お葬式では着たい服はある?
  • お墓は?以前、散骨して欲しいといっていたけど。
  • 遺影に使って欲しい写真はある?
  • 体調が落ち着いたし、会いたい人はいない?
  • 親戚や友人の連絡先はどこかにまとめてある?
  • 何かあった時に連絡する人は?
  • お歳暮やお中元のやりとりをしている人は?
  • 形見分けしたいものはある?

なるべく明るく話すようにつとめました。

お父さんがあてにならんから、私たちで準備しとくよ。何年も先のことになるかもしれへんけどさ。

 

私たちに、残したい宝石とかないの?(笑)

といった軽口を挟みながら。

時間としては30分もかかりませんでした。

母は、入院前にある程度、身辺整理をしていたようで、大きく問題になるような事項はありませんでした。

エンディングノートを作成しておいてよかった

 

エンディングノート、作成しておいて本当によかったです。

特に、「病状が進んだあとのこと」、「延命治療」、「お葬式関連」は、事前に確認しておいて助かりました。

聞いていなかったら、

「延命治療は、やるべきなのか?やらないほうがいいのか?」

「お葬式で、お母さんに何を着てもらったらいいの?」

「遺影に使える写真がない!」

と、大慌てになっていたことだと思います。

正直、あまり気が進みませんでしたが、意識がはっきりしているうちに、母と話をできてよかったと思います。

-やっておいてよかったこと

Copyright© 子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.