末期の子宮頸がんと診断された母の、治療と介護とお金の全てを記録します

子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ

介護と仕事

職場に「母の末期がん」を報告したタイミングと内容

更新日:

家族が「がん」と分かったとき、仕事をしている方だと、こんな悩みを持たれるかも知れません。

はてな

  • 職場には、いつ報告しよう…
  • 誰に伝えればよいだろう。上司だけでよいだろうか
  • 伝えることで、気をつかわせてしまうんじゃないだろうか
  • 仕事を干されてしまうんじゃないだろうか

私もそうでした。

この記事では、私が職場に報告した時の話を書きます。

母の子宮頸がんが分かったときの私の状況

私は、時短ですが正社員として働いています。母のがんが分かったときは、育児休業から職場復帰し、半年ほど経った頃でした。

子供も保育園に慣れてきて、やっと生活のリズムがつかめてた頃でした。

仕事も少しずつ任される範囲が増えてきて、戦力として働けている手ごたえを感じていました。

復帰後、子供の発熱や下痢などで急に休むこともあり、母の病気を伝えることに迷いがありました。

これ以上、職場に迷惑をかけたくない…

こんな気持ちがありました。

インターネットで情報収集

医師から、「末期の子宮頸がん」と告知されてから、すぐにインターネットで末期がんについて調べました。

告知後、数日は全く眠れなかったので、徹夜で情報収集をしていました。

がん患者さん、家族の方のブログをたくさん読みました。

同じように末期がんで家族を亡くした友達に、相談をしたりもしました。

調べて分かったこと

  • 通院に付き添う必要があるかもしれない
  • ホスピス(緩和ケア病棟)の面談に行く必要が出てくるかもしれない
  • 介護休業をとる必要があるかもしれない

こういった、これから起こりうるであろうことを想定したときに、職場に黙っていてはいけない、と分かりました。

むしろ、黙っていて、急に休んだりする方が迷惑をかけることになります。

メールでチーム全員に状況を報告

職場への報告は、メールで行いました。

直接報告すべきかとは思ったのですが、未だ気持ちの整理がついておらず、涙を抑えられないと思ったのです。

泣きじゃくって、正確に伝えられない可能性もあったので。

あて先は、上司を含めたチームのメンバー全員です。

上司にだけ伝えて、他のメンバーには上司から伝えてもらうより、私の状況が正確に共有してもらえると思ったからです。

メールには、母の状況と、私の思いを包み隠さず書きました。

メールの内容

  • 母が末期の子宮頸がんと診断された。
  • これから抗がん剤治療を開始するが、残された時間は短いかもしれない。
  • これから、急に休むこともあるかと思う。
  • 介護休業の取得も考えている。
  • 急なことで、心の整理がついていない。
  • 何かあれば、すぐに情報を共有するようにする。

上司からは、「仕事のことは心配せず、お母さんのことを第一に考えて。体調にもくれぐれも気をつけて」と、温かい言葉をかけてもらいました。

仕事も、納期が厳しいものや、急ぎの案件は外してもらうようになりました。

仕事に関する悩みがほとんどなくなったことは、大変助かりました。

早めに、状況を報告しておいてよかったな、と思います。

-介護と仕事

Copyright© 子宮頸がんの治療と介護とお金のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.